【徹底解説!】本棚のレンタルはこんな人におすすめです!


※「本棚のレンタル」と記載していますが、家具全般のレンタルにも当てはまります。


家具がレンタルできる時代になり、多くの人は「家具のレンタルってどうなんだろう?」「本棚のレンタルって得なのかな?」と一度は考えたことがあると思います。

しかし、どんな人に向いているのか、メリット・デメリットにはどんなものがあるのかと詳しく解説している所はあまり多くありません。


だからこそ、ここでは本棚のレンタルに関して次の項目を徹底解説します!


・レンタル本棚のメリット・デメリット
・レンタルをする際に知っておきたい話
・レンタル本棚をおすすめする人
・本棚をレンタルする際に最もおすすめするサイト




結論からお伝えすると、レンタル本棚は次の方々におすすめです!


1.利用予定の期間が1年前後の方
2.家具・家電の買い揃えと引っ越しを楽に済ませたい方



先にもお伝えしましたが、レンタル本棚だけではなく、レンタル家具全般に当てはまる内容ですので、家具のレンタルを検討している方、興味のある方は是非ご覧ください!



目次

レンタル本棚のデメリット

レンタル本棚のデメリットについて、まずは解説をしていきます。

様々な記事でレンタル本棚について記載されていますが正直、レンタルは結果的に損をする場合がほとんどと言えます。


レンタル本棚の主なデメリットは次の3つです。


1.レンタルが1年半を超えると、購入する方が明らかに安くなる。
2.1か月ごとの料金でしか契約はできない。
3.欲しいデザインのものがあるとは限らない。



これらについて1つずつ解説していきます。

【デメリット➀】1年半を超えると購入する方が安くなる

レンタルが料金的にお得になるのは長くて約1年半です。

その理由を、ある有名な家具メーカー(A社)の商品を買った場合とレンタル家具の中でも特に安価な「CLAS」でレンタルした場合を比較してどちらがどれくらいの値段がかかるのかを見ていきましょう。

A社とCLASの値段が一緒になるまでの期間も最右に記載しています。

※1 「CLAS」は1年の新品の利用料を記載しています。
※2 商品のラインナップは1人暮らしを始める際に必要となる物を記載しています。

※3 比較している商品は、ほとんど同じ機能・性能のものを比較しています。



家具某家電メーカー(A社) CLAS(※1)期間
ベッド¥27390¥184801年半
炊飯器¥6990¥184805か月
テーブル¥3990¥211203か月
冷蔵庫¥34900¥290401年3か月
洗濯機¥27900¥2904011か月
テレビ¥34900¥290401年3か月
電子レンジ¥11900¥158409か月
ソファ¥19990¥303608か月
電子ケトル¥1990¥184802か月
本棚¥8990¥224405か月
A社購入時と「CLAS」レンタル時の比較

(この表が分かりやすかったらお声掛けいただき、ぜひ色々な所で使用してください!)



ご覧いただいている通り、取り上げた全ての商品が1年半以内に購入する時の値段を越えてしまいます。

1年半以上使用することを考えると料金的にはレンタルより購入の方が良いと言えます。

ちなみに、A社は品質の高い商品を比較的安く販売している会社です。

しかし、価格帯は他の会社も大きく変わることはありませんので、十分参考になります。


【デメリット➁】1か月ごとの料金でしか契約はできない

本棚をレンタルする際には1か月ごとで支払いを行っているところがほとんどです。

中には半年、1年、2年、4年と、最初に長期の契約をするとお得にレンタルできるサイトもありますが、こちらも確実に1年半を越えるとマイナスになります。

また、契約の期間を設けず、1か月以内でもすぐに交換や返却ができるサービスを設けている所も多くあります。

しかし、料金の支払いはその日数分ではなく1か月単位である為、結局1か月の支払いが必要となります。


【デメリット③】欲しいデザインのものがあるとは限らない

家具のレンタルを行っているサイトの商品数は、あまり多くありません。

家具はデザインで分けられているわけではなく、大きさや容量で分けられている場合がほとんどです。



本棚はどのサイトもおおよそ3~6種類くらいしかありません。



従って、部屋のレイアウトを想像しながらレンタル家具をまとめて選ぼうとすると苦戦する可能性があります。

望みのものがあればよいですが、デザインで柔軟に選びたいのであれば別の場所がよいでしょう。



本棚を販売しているサイトをいくつか知りたい場合は下の記事で解決します!

どのサイトもそれぞれに特徴があり、デザインも様々なのでおすすめです!

レンタル本棚のメリット

レンタル本棚はもちろんデメリットばかりではなくメリットもたくさんあります!

レンタル本棚の主なメリットは次の3つです!


1.短期的な使用や引っ越しはお得で楽になる!
2.家具を買い揃えたり組み立てたりする手間を省ける。
3.部屋のレイアウトを柔軟に変更することができる。



では、これらについても1つひとつ解説をしていきます。

【メリット➀】短期的な使用や引っ越しはお得で楽になる

デメリットでは長期的な使用は損をすることに繋がるというお話をしました。



その反対なので分かりやすいと思いますが、短期的な利用は得をすることに繋がります。




「既に次の引っ越しが決まっていて1年半以内にある」
「〇月になると家具をもらえるが、それまでどうしよう…」




このような状況の方にはとてもおすすめできます!


また、引っ越しの際には大きな家具を次の家に運んだり、処分したりする手間や費用といったコストが大きくかかります。

一人暮らしの引っ越しは距離にもよりますが、通常期で3~4万円繁忙期で5~7万円程度かかります。

それと比較してレンタルの場合だと梱包無しで組み立ててある状態のまま持って帰っていただけますので、コストが大きく削減されます。

長期間使用をする場合でも、重たい家具、大きな家具の移動や処分が面倒であるという方にはおすすめです!


ここでレンタル注文のワンポイントアドバイスです!


ワンポイントアドバイス
引っ越しや処分が面倒な大きな家具だけ注文するのもおすすめ!



炊飯器や電子ケトルは、特に車である程度の引っ越しをされる方は楽に移動させられると思います。

問題は移動困難な大きな家具

引っ越しの際に面倒になる家具、大きくて移動・処分が面倒な家具のみをレンタルすると効率的に生活や引っ越しができます!

【メリット②】家具を買い揃えたり組み立てたりする手間を省ける

引っ越しをした際、最初に行うのが家具を買い揃えること

レンタルの場合は、店頭に出向いて大型家具を買い揃える手間がいらず、ネットで注文をすると家まで運んでくれます!



楽天市場やAmazonで注文をされる方もおられると思いますが、面倒なのが組み立てと設置

楽天やAmazonで組み立て・設置まで行ってもらえるかどうかは商品ごとに違い、多くの商品が「組み立てはご自身で行ってください」というスタンスです。

その点、レンタルですと別途料金はかかるものの、組み立て・設置まで全ての商品で行ってくれますので手間がいりません。



引っ越し代や処分代をすべて含めて考えると、レンタルはかなりお得になるかもしれません!


【メリット③】部屋のレイアウトを柔軟に変更することができる

レンタル家具(本棚)は、交換を申し出れば一定期間ですぐに行うことができます。

一度レンタルして…

「この本棚ちょっと違うな…」
「レイアウトを変更したからこの家具はいらないな」


と、思った時でも購入した家具の場合はそう簡単に手放して変更することができませんが、レンタルなのですぐに回収して新しい商品と交換してもらうことができます。


デメリットで話しましたが、本棚(家具)の種類は決して多くはありません。

しかし、自分の気に入る物があれば交換しながら柔軟に部屋をデザインできます!

気になる点を解決しておこう!

本棚(家具)をレンタルする上で気になる点、質問したくなる点について3点ほど解説をしておきます。

ここで、スッキリさせておきましょう。

【気になる点①】家具・家電を傷つけてしまった時はどうなるの?

再利用ができなくなるくらいの大きな傷や破損があった場合には料金を取られる場合があります。

しかし、生活する中で付いてしまった傷、多少の傷についてはどのサイトも料金を取っていません。

普通に生活していれば大丈夫なので、慎重になりすぎなくてもよいです。

また、洗濯機や冷蔵庫といった家電も「上手く作動しなくなった」「壊れている可能性がある」といった場合は、無料で修理やメンテナンスを行ってくれます。


【気になる点②】持ってくるとき・引き取る時の送料は?

送料に関しては、サイトによって異なります。

無料の所もあれば送料が一定金額必要となる所もあります。

私が今回最もおすすめする「CLAS」の送料はほとんどの商品が無料です!

しかし、配達時に不在であった場合には再配達の料金がかかってしまうので気を付けたい所です。


【気になる点③】マンションやアパートの2階以上は追加料金がいる?

多くのサイトが追加料金なしで搬入をしてくれます。

もちろん私がおすすめするCLASでも追加料金はありません(エレベーターが無くても大丈夫です)。

搬入する際の階段やエレベーターの幅、玄関の大きさは必ずチェックしておきましょう。



本棚のレンタルはこんな人におすすめ!

一番最初に記載した結論と被りますが、本棚のレンタルはこんな方々におすすめです!



1.次の引っ越しが1年前後の方
2.買い揃えと引っ越しを楽に済ませたい方



デメリットの➀でもご覧いただけましたように家具・家電のレンタルで得をする期間は最大で1年半です。

表の家具・家電だけでも平均すると9.1か月になります。

買い揃える手間・引っ越しの手間を考えても1年前後の利用が最も良いと思います。



先にも記載しましたが、本棚、冷蔵庫、洗濯機といった引っ越しや処分に手間や料金がかかる物のみを長期的にレンタルするのはコスパが良いです。

使っている間、自然と故障してしまった場合でも修理・メンテナンスを無料で行ってくれると考えると1年前後のコスパはとても良いと言えるでしょう!



上の2つに該当する方は、特に検討をしてみてください!!


レンタル本棚(家具)なら「CLAS」をおすすめします!

ここまでも説明してきましたが、レンタルするなら「CLAS」を最もおすすめします。

家具家電のサブスクリプションサービス「CLAS」


CLASをおすすめする理由は大きく次の3つがあります!


1.レンタル家具の中でもトップクラスに安い!
2.お得と優しさがいっぱい詰まっている!
3.会員登録が無料であり登録方法は驚くほど簡単!



これら3つについて解説します!


【おすすめ理由①】レンタル家具の中でもトップクラスに安い!

CLASは、あらゆるレンタル家具の中でもトップクラスに安く、月額440円~商品が展開されています!

これは私が知っている業界の中では最も安い

安いと評判の他のサイトと比較しても基本的な料金はおおよそ3/4で済みます!

CLASは「高品質で丈夫な家具」としても売り出していますので、それを踏まえるとかなりコスパが良いと言えるでしょう。

家具・家電レンタル「CLAS」


【おすすめ理由②】お得と優しさがいっぱい詰まっている!

大雑把なタイトルになっていますが、「お得」と「優しさ」には主に次のものがあります!
(※先程、記載した情報も含みます)


1.レンタルをしながらペットを飼っていてもOK!
2.破損や傷があっても修理代は無料!
3.返却は申請して待つだけ!
4.無料の会員登録で500円分のポイントプレゼント!




レンタル家具と聞くと、「傷ついちゃうからペットはダメだろう…」と思われる方も多いと思いますが、大丈夫!

通常利用の範囲にはなりますが、大好きなペットと共に暮らせるような配慮をCLASは行っております。



また、先に記載した内容と被りますが、「破損や傷による修理代無料(通常利用に限る)」「返却の簡単さ」も素晴らしい点です。

引っ越しで荷物を運ぶ際には段ボールへの詰込みなどの梱包作業が必要です。

しかしCLASで荷物を撤去してもらう際にはそのままでOK!

申請をして待つだけでよいのは素晴らしいですね♪



そして無料会員登録で500ポイントもらえるお得なサービスもあります!

月額440円~利用可能なので最も安い商品の1か月分の利用料を上回るサービスなわけです!

また、情報入力(名前・生年月日・家族形態など)でさらに100ポイントもらえますので合計600ポイント!

しかも登録方法が超簡単!(次をご覧ください)


【おすすめ理由③】会員登録が無料であり登録方法は驚くほど簡単!

CLASの無料会員登録の方法は次の3ステップです。


1.「無料会員登録」のボタンからページ移動
2.メールアドレスとパスワードを入力する
3.登録したアドレスに届いたメールからCLASにアクセス



これだけです。

もちろん私も無料会員登録を行っていますが、2分で終わりました!

無料会員登録をしなければ、商品の詳細や必要となる値段の詳細を見ることができないので、実際に使用しなくても無料会員登録のみ行っておくことをおすすめします!

下のリンクからアクセスできます!


家具家電のサブスクリプションサービス「CLAS」




サイト設計もおしゃれで情報がたくさんなので、無料会員登録をして見て回るだけでも楽しいかもしれませんね♪


「まとめ」と「知っておきたい情報」

ここまでレンタル本棚(家具)の情報を分かりやすくまとめました。

CLASはぜひ一度ご覧になってください!

今回の記事をご覧になって、「レンタルではなくやっぱり本棚を買おうかな」と思われた方は下の2つの記事をおすすめします!



自分に合った本棚や購入方法が必ず見つかるはずです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

毎日本棚の研究を行う本棚オタク「Yuji」
図書館の設立に関わる。
プライベートでは年間100冊の本を読む。
本棚に関する全ての問題を解決できるサイト「本棚の世界」を運営。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次