【もう迷わない!】本棚を買う「場所」は結局どこがいいの?

〇本棚ってどこで買うのが一番いいの?
〇出来る限りお得に本棚を購入したい!
〇本棚を選ぶのに失敗したくない!

このような思いを抱えている方に、今回の記事は最適と言えるでしょう!



この記事を最後まで読むと必ず次のメリットがあります♪


本棚を買う場所に迷わなくなる。
自分に合った本棚を初めとした家具の買い方に出会える!
これまで以上にお得に本棚を購入することができる!


最後まで必見の情報満載です!

肝心な本棚を買う場所ですが、次の4つに分けて解説をします。


1.店頭
2.ブランドのHP(ホームページ)
3.楽天(楽天市場)
4.Amazon


多くの方はこれらのどこかに分類されるでしょう。

どこで買うにしてもメリット・デメリットや、おすすめポイントがありますので、5点満点で評価するなどして以下のように分かりやすくまとめていきます。


1.安心感:〇/5
2.手元に来るまでの流れ:〇/5
3.種類:〇/5
4.おすすめポイント(3つ)



本棚をこよなく愛し、毎日触れている本棚オタクの私が、徹底的に採点致しました!

興味のある所からでも構いません。

それぞれご覧いただき、検討してください。

目次

【比較①】「店頭で買う」のメリット・デメリット

店頭」にて本棚を購入する際に思い浮かぶものは、ニトリIKEA無印良品などでしょう。

店頭で購入することにおいては分かりやすく次のようにまとめることができます。


1.安心感:5/5
2.手元に来るまでの流れ:3/5
3.種類:3/5
4.メリット
➀お店にて直接商品を見てから決めることができる為、安心感抜群!
➁Amazon、楽天には記載されていない商品を購入することが可能!
③店員さんに直接質問などが可能できる安心感に加え、買ってすぐに手元に来る。

5.デメリット
➀実際に店舗に足を運び、重たい本棚を持ち帰らなくてはならない場合がある。
➁気に入ったものが無く、何も買わなければ交通費や時間のみが浪費される。
③店頭の種類はその会社が販売している商品を全て網羅しているわけではない。


店頭で購入する人は年々減少傾向にありますが、未だ最も多い購入方法と言えるでしょう。

評価としても「安心感」に最高得点を付けました。

やはり実際に商品を見たり触れたりして購入の決定をすることで、トラブルも少なくなります。

安心して購入に至ることができるでしょう。

買ってすぐに手元に来るという早さも魅力ですね。


加えて、ネットでの販売が加速している中でも楽天やAmazonでの販売を行っていないブランドも多々あります。

従って、使用頻度の多い楽天やAmazonには無い商品を購入することも可能であると言えます。


しかしながら、デメリットももちろんあります。

購入までの流れを5点中2.5点と採点しました。

まず、実際に店舗に行かなくてはならないという手間がかかります。

その上、気に入った商品が見つからなかった場合は大きな時間浪費に繋がります。

実際に見ることができるのは良いですが、「すぐに欲しい!」という場合に店舗に行って確認してみるというのは非効率でしょう。


・「安心感を持って購入したい。」という方には最適!
・「すぐに購入したい!」「手間を省きたい!」という方には適さない。


【比較➁】「ブランドのHPで買う」のメリット・デメリット



1.安心感:4/5
2.手元に来るまでの流れ:4/5
3.種類:5/5
4.メリット

➀ブランドのHPは最も商品が多種多様である為、品揃えはNo.1!
➁直接見ることはできないが、どのサイトよりも情報が細かく丁寧。
③ブランドならではのクーポンや情報が手に入る!
5.デメリット
➀購入後すぐに手元に届かず、少なくとも数日かかる。
➁配達時に多少の傷がついたり、木材の場合は木くずが落ちることがある。
③直接見ることができない為、届いた時にギャップが生じる可能性がある。


この購入方法を取っている方は、今回紹介する4つの中で最も少ないのではないかと思います。

でも、メリット満載の購入方法なんです!

楽天やAmazonで購入する方も増えていますが、特定のブランドの商品を購入しようとした場合、品揃えはHPが圧倒的に豊富です。


また、ブランドならではのセールクーポンの配布新着情報の更新が行われます。

その為、ブランドにもよりますが、楽天やAmazonのポイント制度と比較しても最もお得に購入できるチャンスがあります。

当たり前のことですし最も大きなメリットですが、家から出なくても購入できますので、時間の浪費は大きく避けられますね。


しかしながらデメリットもあります。

最も考えやすいのは「手元に来る時期」ですね。

直接購入しているわけではないので、少なくとも数日はかかります。

従って、すぐに商品が欲しい場合には不向きであると言えます。

また、配達の際に多少の傷が生じる場合がありますので、その点にも注意が必要です。

口コミや評価などを見て購入することをおすすめします!

また、大きさや色味など、想像していたものと別のものが届くという可能性もあります。

商品を直接見るのではなく、写真のみの確認となりますので、その点にも注意しておく必要があります。


・「手間なく購入したい!」「いろんな商品を見て買いたい!」という方には最適!
・「すぐに手元に欲しい!」「安心して購入したい!」という方には適さない。


【比較③】「楽天で買う」のメリット・デメリット


1.安心感:3.5/5
2.手元に来るまでの流れ:4/5
3.種類:4/5
4.メリット

➀ポイントが幅広く付与される為、他のサービスと掛け合わせてお得に利用できる!
➁ブランドのHPに近い情報量で商品が紹介されている。
③本棚に加え、多くのサービスに適応されるクーポンやイベントがある。
5.デメリット
➀商品数は、ブランドのHPに劣ってしまう。
➁配達時に多少の傷がついたり、木材の場合は木くずが落ちることがある。
③直接見ることができない為、届いた時にギャップが生じる可能性がある。


楽天市場」での購入はポイントバックが最も大きな売りと言っても良いでしょう。

楽天モバイル、楽天銀行、楽天証券など…。

楽天関連のサービスを利用するとその分ポイントバックが大きくなっていくよう設計されています。

楽天関連のサービスをたくさん利用する方は「楽天市場」での購入が非常におすすめです。

ポイントは、多くのお店や楽天市場での会計に利用することもできますし、ポイント投資に回すこともできます。


また、商品紹介も非常に丁寧です。

ブランドのHPと比較すると「見づらい…」という方もおられると思いますが、情報量はHPに匹敵するほどです。

デメリットに関しては、商品数がブランドのHPと比べて劣ってしまうことが挙げられます。

その他、ブランドのHPと同様です!


「楽天のサービスをよく使う!」「手間なく購入したい!」という方には最適!
「すぐに手元に欲しい!」「安心して購入したい!」という方には適さない。


【比較④】「Amazonで買う」のメリット・デメリット


1.安心感:3/5
2.手元に来るまでの流れ:4/5
3.種類:3.5/5
4.メリット

➀Amazonプライムへの入会でどの商品も送料無料で購入できる!
➁シンプルな設計で商品が見やすく、選びやすい!
③本棚に加え、多くのサービスに適応されるクーポンやイベントがある。
5.デメリット
➀商品数がブランドのHPに劣ってしまう上、商品情報が少なめ。
➁配達時に多少の傷がついたり、木材の場合は木くずが落ちることがある。
③直接見ることができない為、届いた時にギャップが生じる可能性がある。


最も大きなメリットは何といっても『Amazonプライム』です。

知らない方は必見です!

Amazonプライムへの入会は月々500円年間プランで4900円(月々のプランより1100円お得)

こんなに安いのに次の特典があるのです!


1.Amazonで購入した商品全て送料無料!
2.Amazonプライムビデオにて、多くのアニメやドラマ、映画が見放題!
3.1000冊以上の漫画、雑誌、書籍が読み放題!
4.200万曲以上の音楽が聴き放題!
5.Prime try before you buyにて、無料試着!


Amazonで通常購入しようと思うと500円以上の送料は当たり前のようにかかります。

しかし、Amazonプライムに入っているとそれらが無料になることに加え、その他上記のサービスが得られるわけですから、超お得!

Amazonプライムに入会することで、こちらでの購入は大きなメリットを発揮します。

興味があり、まだ入会していない方は下のリンクからご覧ください!


Amazonプライムはこちら!


また、楽天は商品紹介が細かく充実していますが少し見づらいというデメリットがありました。

反対にAmazonはシンプルな設計になっているので非常に見やすいサイトです。

ブラックフライデーを中心としたイベントにて、お得に商品を購入することもできます。


デメリット楽天の反対

商品の情報が少ない傾向にあります。

従って、安心感を持って購入したいという方には少し不安が付きまとうでしょう。

その他は、ブランドのHPや楽天と同様です。


楽天と比較して種類の項目をー0.5とした理由としては実際の商品数にあります。

Amazonにて登録されている商品数が楽天と比較すると少ないです。

商品数で言えば楽天の方が豊富であると言えます。


・「Amazonプライムを楽しむ!」「手間なく購入したい!」という方には最適!
「すぐに手元に欲しい!」「安心して購入したい!」という方には適さない。


【一覧表】本を選ぶ場所とポイントをまとめて見よう!

この表は先程の情報をまとめているものです。

どこで使用しても構いませんし、ぜひ保存しておいてください♪


 店頭ブランドHP楽天Amazon
安心感5/54/53.5/53/5
手元に来るまでの流れ3/54/54/54/5
商品の種類3/55/54/53.5/5
メリット・直接商品を見られる
・すぐ手元に来る
・店員さんに質問可
・品揃えNo.1
・情報が細かく記載
・ブランドならではのクーポン・情報が満載!
・他のサービスと掛け合わせてお得が◎
・情報がブランドHPに近く細かい
・多くのサービスに対応するクーポン・イベント有り
・Amazonプライム登録でお得が盛り沢山!
・シンプル設計で商品が見やすい
・多くのサービスに対応するクーポン・イベント有り
デメリット・持ち運びが大変
・気に入ったものが手に入らない可能性あり
・商品の数がある程度限られる
・手元に届くまで数日かかる
・配達時の傷、木くずの心配
・届いた時の商品に関するギャップ
・商品数はブランドHPに劣る
・配達時の傷、木くずの心配
・届いた時の商品に関するギャップ
・商品数がブランドのHPに劣ってしまう上、商品情報少なめ
・配達時の傷、木くずの心配
・届いた時の商品に関するギャップ


【まとめ】本棚の購入場所はあなたの「価値観」で決まる

ここまで、「店頭」「ブランドのHP」「楽天」「Amazon」の4つにおける購入のメリット・デメリットをご紹介しました


どの場所で買うにもメリット・デメリットはあります。

それらは、この記事を読んでくださっているあなたの「価値観」によって決まると言ってよいでしょう。

また、あらゆるサイトを使い分けるのも良いと考えます。


私は今回紹介した4つを使い分けていますが、本棚は『ブランドのHP』で購入することが多いです。

数多くのブランドがありますが、このサイトでは『LOWYA(ロウヤ)』という人気ブランドをピックアップして紹介しています。

興味のある方はぜひ下の記事をご覧ください!




今回のメリット・デメリットを参考にして選び方をぜひ考えてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

毎日本棚の研究を行う本棚オタク「Yuji」
図書館の設立に関わる。
プライベートでは年間100冊の本を読む。
本棚に関する全ての問題を解決できるサイト「本棚の世界」を運営。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次